[幕末機関説 いろはにほへと OP]
作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 編曲:梶浦由記
歌:FictionJuction YUUKA



(つき)(かげ)(こお)る大(だい)(ち)
(ころ)がり踏(ふ)み分(わ)けて行(ゆ)
(ほろ)びと再(さい)(せい)の時(じ)(だい)が始(はじ)まる

自由(じゆう)を重(おも)く掲(かか)げて
(みち)なき道(みち)を選(えら)んで
真昼(まひる)より眩(まぶ)しい日没(にちぼつ)を越(こ)えて

(ゆめ)を語(かた)るように時(とき)の船(ふね)は行(ゆ)
その闇路(やみじ)の向(む)こうに新(あたら)しい夜明(よあ)

僕等(ぼくら)はきっと暗闇(くらやみ)の腕(かいな)から生(う)まれてきた
かなわぬ恋(こい)をするように
(ひかり)へと彷徨(さまよ)ってく
どこまでも果(は)てしのないこの道(みち)
(かえ)る術(すべ)は無(な)

(い)き抜(ぬ)くことに戶(と)(まど)
(し)に行(い)く事(こと)に怯(おび)えて
僕等(ぼくら)の呼吸(こきゅう)には悲(かな)しみが宿(やど)

(さけ)びは孤独(こどく)に失(う)せて
(なみだ)の滴(しずく)を啜(すす)
(だれ)もが一人(ひとり)きり荒野(こうや)を流離(さすら)

あれは月(つき)の夢(ゆめ)か 白(しろ)く光(ひか)る花(はな)
けぶる丘(おか)の彼方(かなた) 煌(きら)めき手招(てまね)

胸(むね)に響(ひび)く悠久(ゆうきゅう)の音楽(おんがく)に耳(みみ)を澄(す)ませ
(かぜ)に惑(まど)う砂(すな)のように
刹那(せつな)へと消(き)え失(う)せても
どこまでも果(は)てしのないこの道(みち)
荒野(こうや)の向(む)こうへ

僕等(ぼくら)はきっと暗闇(くらやみ)の腕(かいな)から生(う)まれてきた
かなわぬ恋(こい)をするように
(ひかり)へと誘(いざな)われく
どこまでも果(は)てしのないこの道(みち)
帰(かえ)る術(すべ)は無(な)
彼方(かなた)へ……

傻子/機長/まゆう 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()