《專輯名》撫子の華
歌/作詞/作曲:諫山実生


(つか)の間(ま)の夢(ゆめ)の中(なか) 笑(わら)ってる貴方(あなた)がいた
このまま目覚(めざ)めなくていい

 

(あし)(おと)(た)てずにそっと近(ちか)づく 懐(なつ)かしい出(で)(あ)ったあの時間(とき)
(め)を閉(と)じても開(ひら)いてくページ

見慣(みな)れた壁(かべ)の色(いろ) 止(と)まった時計(とけい)
すべてあの日(ひ)のまま どうしてそんなに優(やさ)しく撫(な)でるの?

Ah 私(わたし)から アナタがいなくなったならいいのに
(みみ)に残(のこ)る声(こえ) 腕(うで)のぬくもり すべて解(と)き放(はな)

“さよなら”って手(て)を振(ふ)った 平気(へいき)だって思(おも)ったのに
どうして涙(なみだ)が出(で)るの?

キライじゃないなんて あやふやにしないで
(さい)(ご)の最(さい)(ご)まで イイヒトだなんて そんなのズルイよ

あとどれくらい 眠(ねむ)れずに朝(あさ)を迎(むか)えたらいいの?
あとどれくらい 涙流(なみだなが)せば思(おも)い出(で)になるの?

(と)り残(のこ)されたように 動(うご)けなくなった
(な)り響(ひび)くあのコトバ しつこい六月(ろくがつ)のこの雨(あめ)のように

もうこれ以上(いじょう) 私(わたし)の時間(じかん)に顔(かお)を出(だ)さないで!!
(ほお)(つえ)つく癖(くせ) 見(み)え透(す)いててもつくウソ
(ふ)れる指先(ゆびさき) 帰(かえ)りのキス“おやすみ”のワンコール
(みみ)に残(のこ)る声(こえ) 腕(うで)のぬくもり すべて解(と)き放(はな)

創作者介紹
創作者 傻子/機長/まゆう 的頭像
傻子/機長/まゆう

傻子.機長=>惰落

傻子/機長/まゆう 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()