《專輯名》Woman
歌\作詞\作曲:諫山実生

(さつ)(き)(ば)れの静(しず)かな朝(あさ)
(きみ)はひとりで旅(たび)(だ)
さよならさえ残(のこ)さずに
(かえ)れないあの場所(ばしょ)へ 消(き)えていった

アルバムには 肩(かた)を並(なら)
はにかんだ姿(すがた)ばかり
(おな)じ月日(つきひ) 駆(か)け抜(ぬ)けたあの頃(ころ)
(ゆめ)じゃないよね…?

(いま)もまだ 君(きみ)が隣(となり)に居(い)るようで
(しん)じられない 信(しん)じたくない
もう二度(にど)と逢(あ)えない その声(こえ)も聴(き)けない
もっともっと 話(はな)したいことあったのに

本当(ほんとう)のこと言(い)えば 誰(だれ)
(ほか)の人(ひと)なら良(よ)かった
(まち)の中(なか)で 君(きみ)の事(さが)(こと)してる
(み)つからないのに…。

(いま)もまだ 君(きみ)が隣(となり)に居(い)るようで
(わす)れられない 忘(わす)れたくない
もう一(いち)(ど)(あ)いたい その声(こえ)が聴(き)きたい
もっともっと 見(み)せたいものもあったのに

いつでも逢(あ)えると どうしてあの時(とき)
(あ)わなかったの? 心(こころ)(ち)(ぎ)れていく

(いま)もまだ 君(きみ)が隣(となり)に居(い)るようで
(わす)れられない 忘(わす)れたくない
もう一(いち)(ど)(あ)いたい その声(こえ)が聴(き)きたい
いつになったら この迷(まよ)い道(みち)(で)られるの?
…出(で)られるの?

全站熱搜

傻子/機長/まゆう 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()