ゲト戦記テ-マ

テル-の唄
詞:宮崎吾朗
曲:谷山浩子
編曲:寺嶋民哉
唄:山嶌葵

夕闇迫(ゆうやみせま)る雲(くも)の上(うえ) いつも一羽(いちわ)で飛(と)んでいる
鷹(たか)はきっと悲(かな)しかろう
音(おと)も途絶(とだ)えた風(かぜ)の中(なが) 空(そら)を掴(つか)んだその翼(つばさ)
休(やす)めることはできなくて
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 鷹(たか)のようなこの心(こころ)
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 空(そら)を舞(ま)うよな悲(かな)しさを

雨(あめ)のそば降(ふ)る岩陰(いわかげ)に いつも小(ちい)さく咲(さ)いている
花(はな)はきっと切(せつ)なかろう
色(いろ)の霞(かす)んだ雨(あめ)の中(なか) 薄桃色(うすももいろ)の花(はな)びらを
愛(め)でてくれる手(て)もなくて
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 花(はな)のようなこの心(こころ)
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 雨(あめ)に打(ぶ)たれる切(せつ)をさを

人影絶(ひとかげた)えた野(の)の道(みち)を 私(わたし)とともに歩(あゆ)んでる
あなたもきっと寂(さび)しかろう
虫(むし)の囁(ささや)く草原(くさはら)を ともに道行(みちい)く人(ひと)だけど
絶(た)えて物言(ものい)うこともなく
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 一人道行(ひとりみちい)くこの心(こころ)
心(こころ)を何(なに)にたとえよう 一人(ひとり)ぼっちの寂(さび)しさを

傻子/機長/まゆう 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()